平成29年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問28
“部品” 表のメーカコード列に対し、B+木インデックスを作成した。
これによって、“部品” 表の検索の性能改善が最も期待できる
操作はどれか。ここで、部品及びメーカのデータ件数は十分に多く、
“部品”表に存在するメーカコード列の値の種類は十分な数があり、
かつ、均一に分散しているものとする。
また、“部品”表のごく少数の行には、メーカコード列にNULLが
設定されている。実線の下線は主キーを、破線の下線は外部キーを
表す。

 部品 (部品コード, 部品名, メーカコード)
 メーカ (メーカコード, メーカ名, 住所)

 ア メーカコードの値が1001以外の部品を検索する。
 イ メーカコードの値が1001でも4001でもない部品を検索する。
 ウ メーカコードの値が4001以上、4003以下の部品を検索する。
 エ メーカコードの値がNULL以外の部品を検索する。



【正解】 ウ

+は、B木を拡張したモデルであり、キーに対応するデータが
葉に置かれ、キーとデータがリンクされたデータ構造である。

ア 「
以外」すなわち、NOTについては、性能改善は期待できない。
イ アと同様であり、性能改善は期待できない。
ウ 正しい。B+木インデックスを作成すると、範囲検索の性能改善が
 期待できる。 また、追加、更新、削除の性能改善も期待できる。
エ NULLに関連する検索には性能改善は期待できない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問27 目次 問29
ファーストマクロ TOPページ