平成29年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問27
“受注明細”表は、どのレベルまでの正規形の条件を満足しているか。
ここで、実線の下線は主キーを表す。

   受注明細
  ┌────┬────┬─────┬─────┬──┐
  │受注番号明細番号│商品コード│ 商品名 │数量│
  ┝━━━━┿━━━━┿━━━━━┿━━━━━┿━━┥
  │ 015867 │  1  │ TV20006 │20型テレビ│20│
  ├────┼────┼─────┼─────┼──┤
  │ 015867 │  2  │ TV24005 │24型テレビ│10│
  ├────┼────┼─────┼─────┼──┤
  │ 015867 │  3  │ TV28007 │28型テレビ│ 5│
  ├────┼────┼─────┼─────┼──┤
  │ 015868 │  1  │ TV24005 │24型テレビ│ 8│
  └────┴────┴─────┴─────┴──┘

 ア 第1正規形
 イ 第2正規形
 ウ 第3正規形
 エ 第4正規形



【正解】 イ

ア 繰り返し項目が排除されているため、
 第1正規形の条件を満たしている。
イ 部分従属している項目が排除されているため、
 第2正規形の条件を満たしている。
 なお、
部分従属は、主キーの一部によって値が決定する関係のこと。
 関数従属は、ある属性の値が決まると、他の属性の値も一意に
 決まる関係のことである。
ウ 第3正規形では、主キーではない商品コードに関数従属している
 商品名を別表にする必要がある。
エ 第3正規形を満たしていないため、第4正規形にはなり得ない。
 第4正規形は多値従属性を排除することである。
 
多値従属は、属性の値が一つ決まれば、他の属性の集合が決まる
 ことである。
 例えば講師、科目、教科書のように、科目が決まれば教科書に関わらず
 講師が決定されるような場合、「
科目→→ 講師」と表し、
 講師は科目に対して多値従属であるという。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問26 目次 問28
ファーストマクロ TOPページ