平成29年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問78
当期の建物の減価償却費を計算すると、何千円に
なるか。ここで、建物の取得価額は10、000千円、
前期までの減価償却累計額は3、000千円であり、
償却方法は定額法、会計期間は1年間、
耐用年数は20年とし、残存価額は0円とする。

 ア 150  イ 350  ウ 500  エ 650



【正解】 ウ

10、000千円の建物の1年間の減価償却費は、
償却方法が定額法で耐用年数が20年、残存価格が
0円であるから、単純に取得価格を耐用年数で割って、
10、000÷20=
500千円/年である。

前期までの減価償却累計額の3、000千円に惑わされないようにする。
ちなみに、減価償却累計額が、3、000千円ということは、
取得後6年が経過しており、当期は7年目である。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問77 目次 問79
ファーストマクロ TOPページ