平成29年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問44
電子メールの送信時に、送信者を送信側のメール
サーバで認証するためのものはどれか。

 ア APOP    イ POP3S
 ウ S/MIME   エ SMTP-AUTH


【正解】 エ

ア 
APOP (Authenticated Post Office Protocol) は、パスワードを
 秘匿するために、パスワードからハッシュ値を計算して、その値で
 利用者が電子メールを受信する際の利用者認証を行う方法である。
イ POP3 (Post Office Protocol 3) はサーバからメールを受信するための
 プロトコルであり、
POP3S (POP3 over SSL/TSL) は、SSL/TLSで
 暗号化した伝送路でPOP3通信を行うプロトコルのことである。
ウ 
S/MIME (Secure / Multipurpose Internet Mail Extensions) は、
 電子メールを暗号化したりデジタル署名を付加したりする標準規格の
 一つである。
エ 正しい。
 
SMTP-AUTH (SMTP Service Extension for Authentication) は、
 クライアントが SMTPサーバにアクセスしたときに利用者認証を行い、
 許可された利用者だけから電子メールを受け付ける方法のことである。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問43 目次 問45
ファーストマクロ TOPページ