平成29年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問19
仮想記憶方式のコンピュータにおいて、実記憶に割り
当てられるページ数は3とし、追い出すページを選ぶ
アルゴリズムは、FIFOとLRUの二つを考える。ある
タスクのページのアクセス順序が
 1、3、2、1、4、5、2、3、4、5
のとき、ページを置き換える回数の組み合わせとして
適切なものはどれか。

   ┌────┬────┐
   │FIFO│ LRU │
 ┌─┼────┼────┤
 │ア│  3  │  2  │
 ├─┼────┼────┤
 │イ│  3  │  6  │
 ├─┼────┼────┤
 │ウ│  4  │  3  │
 ├─┼────┼────┤
 │エ│  5  │  4  │
 └─┴────┴────┘



【正解】 イ

FIFO (First In, First Out) は、先入れ先出しにより置換する
アルゴリズムである。
LRU (Least Recently Used) は、参照されていない時間が
最も長いページを置換対象とするアルゴリズムである。

ページ数が3であるため、
割り当てられるページの状態は以下のようになる。

【FIFOの場合】
青字は置換発生
1:1
3:1、3
2:1、3、2
1:1、3、2
4:3、2、

5:2、4、

2:2、4、5
3:4、5、

4:4、5、3
5:4、5、3
よって、
3回置き換わる。

【LRUの場合】
赤字は次の置換対象ページ
青字は置換発生
1:
3:
、3
2:
、3、2
1:1、
、2
4:1、

5:
、4、
2:
、5
3:2、

4:
、3、
5:
、3、4
よって、6回置き換わる。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問18 目次 問20
ファーストマクロ TOPページ