平成29年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問14
稼働率Rの装置を図のように接続したシステムがある。
このシステム全体の稼働率を表す式はどれか。ここで、
並列に接続されている部分はどちらかの装置が稼働
していればよく、直列に接続されている部分は両方の
装置が稼働していなければならない。

     ┌───┐     ┌───┐ 
   ┌─┤ R ├─┐ ┌─┤ R ├─┐
   │ └───┘ │ │ └───┘ │
 ──┤       ├─┤       ├─
   │ ┌───┐ │ │ ┌───┐ │
   └─┤ R ├─┘ └─┤ R ├─┘
     └───┘     └───┘

 ア (1− (1 − R2))2
 イ 1− (1 − R2)2
 ウ (1− (1 − R)2)2
 エ (1− (1 − R)4



【正解】 ウ

稼働率Rの装置が2台接続されている時の稼働率はそれぞれ
直列:
2
並列:
1 − (1 − R)2
である。

問題では、並列に2台接続された部分が2つあり、それらが直列に
接続されているため、全体の稼働率は

(1 − (1 − R)2) × (1 − (1 − R)2)
(1− (1 − R)2)2 である。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問13 目次 問15
ファーストマクロ TOPページ