平成29年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問79
マイナンバー法におけるマイナンバー (個人番号) に
関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア 国の行政機関、地方公共団体、企業などがマイ
   ナンバーの使途を自由に決定してよい。
 イ 日本国外に在住している場合、日本国籍があれば
   日本の市区町村に住民票がなくてもマイナンバー
   は指定される。
 ウ マイナンバーは主に社会保障分野で使用するので、
   厚生労働省が指定する。
 エ 漏えいして不正に用いられるおそれがあると認めら
   れる場合に限り、本人の申請又は市区町村長の
   職権によってマイナンバーは変更できる。



【正解】 エ

ア マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で使用される。
イ 住民票があれば、マイナンバーは指定される。
ウ マイナンバー制度は公平・公正な社会の実現、国民の利便性向上、
 行政の効率化のために使用し、総務省が指定する。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問78 目次 問80
ファーストマクロ TOPページ