平成29年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問36
認証局が発行するCRLに関する記述のうち、適切なものはどれか。

 ア CRLには、失効したディジタル証明書に対応
   する秘密鍵が登録される。
 イ CRLには、有効期限内のディジタル証明書の
   うち失効したディジタル証明書と失効した
   日時の対応が提示される。
 ウ CRLは、鍵の漏えい、失効申請の状況をリアル
   タイムに反映するプロトコルである。
 エ 有効期限切れで失効したディジタル証明書は、
   所有者が新たなディジタル証明書を取得する
   までの間、CRLに登録される。



【正解】 イ

ア CRL にはデジタル証明書のシリアル番号が記載される。
イ 正しい。
CRL (Certificate Revocation List = 証明書失効リスト) は、
 PKI (公開鍵基盤) において、有効期限の前に失効したデジタル証明書の
 リストのことである。
ウ 
OCSP (Online Certificate Status Protocol = オンライン証明書
 状態プロトコル) の説明である。
エ 有効期限切れで失効したディジタル証明書は、有効期日で
 CRLから削除される。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問35 目次 問37
ファーストマクロ TOPページ