平成29年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問31
無線LANで用いられるSSIDの説明として、適切なものは
どれか。

 ア 48ビットのネットワーク識別子であり、
   アクセスポイントの MACアドレスと一致する。
 イ 48ビットのホスト識別子であり、有線LANの
   MACアドレスと同様の働きをする。
 ウ 最長32オクテットのネットワーク識別子で
   あり、接続するアクセスポイントの選択に
   用いられる。
 エ 最長32オクテットのホスト識別子であり、
   ネットワーク上で一意である。



【正解】 ウ

ア BSSIDの説明である。
BSSID (Basic Service Set ID) は、
 48ビットのネットワーク識別子であり、無線LANネットワークの
 アクセスポイントの MACアドレスと一致する。
イ SSIDは最長32オクテット (256ビット) である。
ウ 正しい。
SSID (Service Set Identifier) は、無線LANの
 アクセスポイントの識別名のことである。
エ 
IPv4アドレスの説明と考えられる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問30 目次 問32
ファーストマクロ TOPページ