平成29年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問10
IoTでの活用が検討されているLPWA (Low Power, Wide Area)
の特徴として、適切なものはどれか。

 ア 2線だけで接続されるシリアル有線通信であり、
   同じ基板上の回路及びLSIの間の通信に適している。
 イ 60GHz帯を使う近距離無線通信であり、4K、8Kの
   映像などの大容量のデータを高速伝送することに
   適している。
 ウ 電力線を通信に使う通信技術であり、スマート
   メータの自動検針などに適している。
 エ バッテリ消費量が少なく、一つの基地局で広範囲を
   カバーできる無線通信技術であり、複数のセンサが
   同時につながるネットワークに適している。



【正解】 エ

ア 
LPWAは無線通信である。
イ 
WiGig の特徴である。WiGig は、IEEE802.11ad をベースと
 した無線通信規格である。
ウ 
PLC (Power Line Communication) の特徴である。
エ 正しい。 
LPWA (Low Power Wide Area) は、消費電力を
 低く抑え、遠距離通信が可能なIoT向け特定小電力無線の
 通信技術のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問9 目次 問11
ファーストマクロ TOPページ