平成29年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問24
“情報システム・モデル取引・契約書”によれば、
情報システムの開発において、多段階契約の考え方を
採用する目的はどれか。ここで、多段階契約とは、
工程ごとに個別契約を締結することである。

 ア 開発段階において、前工程の遂行の結果、
   後工程の見積前提条件に変更が生じた場合に、
   各工程の開始のタイミングで、再度見積りを可能と
   するため
 イ サービスレベルの達成・未達の結果に対する
   対応措置 (協議手続、解約権、ペナルティ・
   インセンティブなど) 及びベンダの報告条件などを
   定めるため
 ウ 正式な契約を締結する前に、情報システム構築を
   開始せざるを得ない場合の措置として、仮発注
   合意書 (Letter of Intent:LOI) を交わすため
 エ ユーザ及びベンダのそれぞれの役割分担を、
   システムライフサイクルプロセスに応じて、あらかじめ
   詳細に決定しておくため



【正解】 ア

情報システム・モデル取引・契約書は、以下を目的として策定された。
信頼性ガイドラインの遵守、取引関係・役割分担の可視化、
いわゆる「日本版 SOX法」への対応、オープン化・モジュール化の
進展への対応等を基本的な視点として、情報システムの信頼性の
向上・取引可視化に資する理想的な取引・契約モデルをめざす。


ア 正しい。
イ 
SLA (サービスレベル契約) を導入する目的である。
 
SLA (Service Level Agreement) は、発注者とITアウト
 ソーシングサービス提供者との間で、サービスの品質について
 合意した文書のことである。
ウ 激変するビジネス環境に対応するため、正式な契約を締結する
 前に、情報システム構築を開始せざるを得ない場合の措置として、
 
仮発注合意書のモデルが策定されているが、多段階契約の考え方を
 採用する目的ではない。
 なお、情報システム・モデル取引・契約書では、仮発注合意書の
 プロセスを設けることは推奨していない。
エ 
ソフトウェアの基本契約書のモデルを採用する目的である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問23 目次 問25
ファーストマクロ TOPページ