平成29年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問78
表から、期末在庫品を先入先出法で評価した場合の
期末の在庫評価額は何千円か。

 ┌────┬──────┬──────┐
 │ 摘要 │ 数量(個) │単価(千円)│
 ┝━━━━┿━━━━━━┿━━━━━━┥
 │期首在庫│  10  │  10  │
 ├─┬──┼──────┼──────┤
 │ │4月│   1  │  11  │
 │ ├──┼──────┼──────┤
 │仕│6月│   2  │  12  │
 │ ├──┼──────┼──────┤
 │入│7月│   3  │  13  │
 │ ├──┼──────┼──────┤
 │ │9月│   4  │  14  │
 ├─┴──┼──────┼──────┤
 │期末在庫│  12  │  10  │
 └────┴──────┴──────┘

 ア 132  イ 138  ウ 150  エ 168



【正解】 ウ

期首在庫が10個あり、その後10個仕入れて、期末在庫が12個ということは
8個が出庫されている。

先入れ先出し法は先に入庫したものから順に出庫する方法であるから、
出庫したものは、期首在庫の10個のうちの
8個であり、
期末在庫は期首在庫の2個と、4月〜9月に仕入れた10個の合計12個と
いうことになる。

従って、在庫評価額は
2×10 + 1×11 + 2×12+ 3×13 + 4×14 =
20+11+24+39+56 =
150千円である。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問77 目次 問79
ファーストマクロ TOPページ