平成29年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問61
ある営業部員の1日の業務活動を分析した結果は、
表のとおりである。 営業支援システムの導入によって
訪問準備時間が1件あたり0.1時間短縮できる。
総業務時間と1件当たりの顧客訪問時間を変えずに、
1日の顧客訪問件数を6件にするには、“その他業務
時間”を何時間削減する必要があるか。

  1日の業務活動の時間分析表
┌───────────────────┐┌───┐
│      総業務時間        ││   │
│   ┌───┬───────────┤│1日の│
│   │   │  社内業務時間   ││ 顧客 │
│   │ 顧客 │   ┌───┬───┤│ 訪問 │
│   │ 訪問 │   │ 訪問 │その他││ 件数 │
│   │ 時間 │   │ 準備 │ 業務 ││   │
│   │   │   │ 時間 │ 時間 ││   │
├───┼───┼───┼───┼───┤├───┤
│8.0│5.0│3.0│1.5│1.5││ 5件 │
└───┴───┴───┴───┴───┘└───┘


 ア 0.3  イ 0.5  ウ 0.7  エ 1.0



【正解】 ウ

1日の顧客訪問件数が5件で、訪問準備時間が1.5時間かかっているため、
1件当たりの訪問準備時間は
0.3時間である。
営業支援システムの導入によって訪問準備時間が1件あたり0.1時間短縮できる
ため、1件当たりの訪問準備時間は
0.2時間に短縮できる。
従って、1日の顧客訪問件数6件では、訪問準備時間に
1.2時間かかる。

また、顧客訪問時間は5件で5時間であるため、6件では
6時間かかる。
総業務時間は
8時間で変わらないため、その他の業務時間は
8− (1.2+6) =
0.8でなければならない。

よって、その他の業務時間は
1.5 − 0.8 = 
0.7時間削減する必要がある。

EXCEL VBAのご相談なら  ファーストマクロ 



問60 目次 問62
ファーストマクロ TOPページ