平成28年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問27
関数従属を次のように表記するとき、属性 a〜e で構成される関係を第3正規形に
したものはどれか。
〔関数従属〕
(1) 属性Xの値が与えられると,
  属性Yの値を一意に決める
  ことができる。
(2) 属性Xと属性Yの二つの値が
  与えられると、属性Zの値を
  一意に決めることができる。
〔正規化する関係〕


   ┌─┬─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┐
 ア │a│b│c│d│ │b│d│e│
   └─┴─┴─┴─┘ └─┴─┴─┘
   ┌─┬─┬─┬─┐ ┌─┬─┐ ┌─┬─┬─┐
 イ │a│b│c│d│ │b│c│ │b│d│e│
   └─┴─┴─┴─┘ └─┴─┘ └─┴─┴─┘
   ┌─┬─┬─┬─┐ ┌─┬─┬─┬─┐
 ウ │a│b│c│d│ │b│d│c│e│
   └─┴─┴─┴─┘ └─┴─┴─┴─┘
   ┌─┬─┬─┬─┐ ┌─┬─┐ ┌─┬─┬─┐
 エ │a│b│c│d│ │b│c│ │b│d│e│
   └─┴─┴─┴─┘ └─┴─┘ └─┴─┴─┘


【正解】 エ
関数従属とは、一つの値が決まれば、他の項目の値が
一意に決まる関係のことを言う。
第3正規化は、テーブル内にある主キー以外の項目に従属する
関係(推移従属)を別テーブルに移し、どのテーブルもすべての属性が
主キーに対して完全従属の状態にすること。

〔正規化する関係〕を見ると、以下のことが分かる。
aが決まれば、b、c、dが決まる。
b、dが決まれば eが決まる。
bが決まれば、cが決まる。

従って、エが正解。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問26 目次 問28
ファーストマクロ TOPページ