平成28年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問13
現状のHPC(High Performance Computing)マシンの構成を、次の条件で
更新することにした。更新後の、ノード数と総理論ピーク演算性能はどれか。
ここで、総理論ピーク演算性能は、コア数に比例するものとする。

〔現状の構成〕
 (1) 一つのコアの理論ピーク演算性能は10G FLOPSである。
 (2) 一つのノードのコア数は8個である。
 (3) ノード数は1,000である。

〔更新条件〕
 (1) 一つのコアの理論ピーク演算性能を現状の2倍にする。
 (2) 一つのノードのコア数を現状の2倍にする。
 (3) 総コア数を現状の4倍にする。

        ┌─────┬──────────┐
        │ ノード数 │総理論ピーク演算性能│
        │     │   (TFLOPS)   │
      ┌─┼─────┼──────────┤
      │ア│  2,000 │    320     │
      ├─┼─────┼──────────┤
      │イ│  2,000 │    640     │
      ├─┼─────┼──────────┤
      │ウ│  4,000 │    320     │
      ├─┼─────┼──────────┤
      │エ│  4,000 │    640     │
      └─┴─────┴──────────┘





【正解】 イ
文章は小難しいが、難しく考える必要は全くない。
問題を整理すると、
〔現状の構成〕
 理論ピーク演算性能/コア 10G FLOPS
 ノード数 1,000
 総コア数 1,000×8 = 8,000個
 1つのノードのコア数 8,000÷1,000=8個

〔更新条件〕
 理論ピーク演算性能/コア 20G FLOPS ・・・(1)より
 総コア数 8,000×4 = 32,000個  ・・・(3)より
 1つのノードのコア数 8×2=16個 ・・・(2)より

これらを元にして考える。

ノード数  32,000÷16 =
2,000
理論ピーク演算性能 20G×32,000 = 640,000G =
640T



問12 目次 問14
ファーストマクロ TOPページ