平成28年度 春期
高度情報技術者試験問題と解答
問25
表は、ビジネスプロセスをUMLで記述する際に使用される図法とその用途を示している。
表中の b に相当する図法はどれか。 ここで、ア〜エは、a〜dのいずれかに該当する。
 ┌───┬──────────────────────────────┐
 │図 法│             記述用途             │
 ├───┼──────────────────────────────┤
 │ a │モデル要素の型、内部構造、他のモデル要素との関連を記述する。│
 ┣━━━╋──────────────────────────────┤
 ┃ b ┃システムが提供する機能単位と利用者との関連を記述する。   │
 ┣━━━╋──────────────────────────────┤
 │ c │イベントの反応としてオブジェクトの状態遷移を記述する。   │
 ├───┼──────────────────────────────┤
 │ d │オブジェクト間のメッセージの交信と相互作用を記述する。   │
 └───┴──────────────────────────────┘


 ア クラス図
 イ コラボレーション図
 ウ ステートチャート図
 エ ユースケース図



【正解】 エ
ア 
クラス図は、クラスとそれらの関係や、クラスの属性、メソッドなどを記述する。
 問題のaに該当する。
イ 
コラボレーション図は、複数のオブジェクト間のメッセージ交信と相互作用を
 記述する。 問題のdに該当する。
ウ 
ステートチャート図は、オブジェクト内の状態や、状態の移り変わりを記述する。
 問題のcに該当する。
エ 正しい。
ユースケース図は、利用者の要求に対するシステムの振る舞いを記述する。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問24 目次 問26
ファーストマクロ TOPページ