平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問51
ソフトウェア開発プロジェクトにおいてWBS (Work Breakdown Structure) を使用する
目的として、適切なものはどれか。

 ア 開発の所要日数と費用がトレードオフの関係にある場合に、総費用の最適化を図る。
 イ 作業の順序関係を明確にして、重点管理すべきクリティカルパスを把握する。
 ウ 作業の日程を横棒 (バー) で表して、作業の開始時点や終了時点、現時点の
   進捗を明確にする。
 エ 作業を階層に分解して、管理可能な大きさに細分化する。



【正解】 エ

WBSは作業工程を階層構造に細かく分割して、互いの作業の関連性が
分かるようにスケジュール化したものである。
あえて日本語に訳すと「作業分割構成」といったところ。

ア EVM (Earned Value Management) を使用する目的である。
イ 
PERT図 (Program Evaluation and Review Technique) を使用する目的である。
ウ ガントチャートを使用する目的である。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問50 目次 問52
ファーストマクロ TOPページ