平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問44
ディジタルフォレンジックスでハッシュ値を利用する目的として、適切なものはどれか。

 ア 一方向性関数によってパスワードを復元できないように変換して保存する。
 イ 改変されたデータを、証拠となり得るように復元する。
 ウ 証拠となり得るデータについて、原本と複製の同一性を証明する。
 エ パスワードの盗聴の有無を検証する。


【正解】 ウ
ディジタルフォレンジックスは、情報漏洩や情報窃盗、不正アクセスなどがあった場合に、
PCなどに残されたデータの収集・分析によって証拠を見つけ出し、事実を解明すること。

ア パスワードを変換して保存するのは、パスワードが漏洩しても第三者に解読されたり、
 復元されたりできないようにするためである。
イ ハッシュ関数は一方向性関数であるため、改変されたデータをハッシュ値を用いて
 復元することはできない。
ウ 正しい
エ ハッシュでパスワードの盗聴の有無を検証することはできない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問43 目次 問45
ファーストマクロ TOPページ