平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問37
SQLインジェクション攻撃の説明として、適切なものはどれか。

 ア Webアプリケーションのデータ操作言語の呼出し方に不備がある場合に、
   攻撃者が悪意をもって構成した文字列を入力することによって、データベースの
   データの不正な取得、改ざん及び削除をする攻撃
 イ Webサイトに対して、他のサイトを介して大量のパケットを送り付け、そのネット
   ワークトラフィックを異常に高めてサービスを提供不能にする攻撃
 ウ 確保されているメモリ空間の下限又は上限を超えてデータの書込みと読出しを
   行うことによって、プログラムを異常終了させたりデータエリアに挿入された不正な
   コードを実行させたりする攻撃
 エ 攻撃者が罠を仕掛けたWebページを利用者が閲覧し、当該ページ内のリンクを
   クリックしたときに、不正スクリプトを含む文字列が脆弱なWebサーバに送り込まれ、
   レスポンスに埋め込まれた不正スクリプトの実行によって、情報漏えいをもたらす攻撃



【正解】 ア

ア 正しい。
イ DoS (Denial of Service attack) 攻撃の説明である。
ウ バッファオーバーフロー (BOF) 攻撃の説明である。
エ クロスサイトスクリプティング攻撃の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問36 目次 問38
ファーストマクロ TOPページ