平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問27
関係XとYを結合した後、関係Zを得る関係代数演算はどれか。

 X            Y         Z
┌──┬────┬───┐┌───┬────┐┌────┬──┬────┐
│学生│ 氏名 │ 学部 ││ 学生 │ 学部名 ││ 学部名 │学生│ 氏名 │
│番号│    │コード││コード│    ││    │番号│    │
┝━━┿━━━━┿━━━┥┝━━━┿━━━━┥┝━━━━┿━━┿━━━━┥
│ 1 │山田太郎│ A ││ A │工学部 ││情報学部│ 2 │情報一郎│
├──┼────┼───┤├───┼────┤├────┼──┼────┤
│ 2 │情報一郎│ B ││ B │情報学部││情報学部│ 4 │技術五郎│
├──┼────┼───┤├───┼────┤└────┴──┴────┘
│ 3 │鈴木花子│ A ││ C │文学部 │
├──┼────┼───┤└───┴────┘
│ 4 │技術五郎│ B │
├──┼────┼───┤
│ 5 │小林次郎│ A │
├──┼────┼───┤
│ 6 │試験桃子│ A │
└──┴────┴───┘
 ア 射影と選択
 イ 射影と和
 ウ 選択
 エ 選択と和


【正解】 ア

表操作において
射影は、必要な列を取り出すことである。
選択は、表の中から条件に一致する行を取り出すことである。

表Xから「学部コード」=B の行を取り出し、
表Xと表Yから、学部名、学生番号、氏名を取り出しているため、
ア 射影と選択が正しい。

は選択と射影によって取り出した行を合わせることである。
例えば、「学部コード」=B (情報学部) の行と
「学部コード」=A (工学部) の行を選択し、
学部名、学生番号、氏名で射影した表になっていれば
関係代数演算は「和」ということになる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問26 目次 問28
ファーストマクロ TOPページ