平成28年度 春期
基本情報技術者試験問題と解答
問17
入出力管理におけるバッファの機能として、適切なものはどれか。

 ア 入出力装置が利用可能になったことを、入出力装置が処理装置に伝える。
 イ 入出力装置と処理装置との間に特別な記憶域を設け、処理速度の違いを
   緩和する。
 ウ 入出力装置と処理装置との間のデータ交換に階層を設けることによって、
   入出力装置固有の仕様を意識せずに利用できる。
 エ 入出力装置をファイルと同じように取り扱えるようにする。



【正解】 イ


ア 割り込みの説明である。
イ 正しい。 バッファは、データを一時的に蓄積する記憶装置や領域のことで、
 入出力装置と処理装置の転送速度や処理速度の差を緩和する働きをする。
ウ デバイスドライバーの説明である。
エ デバイスファイル(スペシャルファイル)の説明である。
 UNIXやLinuxの特徴である。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問16 目次 問18
ファーストマクロ TOPページ