平成28年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問75
故障率曲線において、図中のAの期間に実施すべきことはどれか。

 

 ア 設計段階では予想できなかった設計ミス、生産工程では発見できな
   かった欠陥などによって故障が発生するので、出荷前に試運転を行う。
 イ 対象の機器・部品が、様々な環境条件の下で使用されているうちに、
   偶発的に故障が発生するので、予備部品などを用意しておく。
 ウ 疲労・摩耗・劣化などの原因によって故障が発生するので、部品交換
   などの保全作業を行い、故障率を下げる。
 エ 摩耗故障が多く発生してくるので、定期的に適切な保守を行うことに
   よって事故を未然に防止する。



【正解】 イ
Aの部分は、
偶発故障期間という。また、
Aよりも早い時間の部分 (故障率が下がっていく期間) は、
初期故障期間
遅い時間の部分 (故障率が上がっていく期間) は、
摩耗故障期間という。

ア 初期故障期間の最初の頃に実施すべきことである。
イ 正しい。
ウ 摩耗故障期間で実施すべきことである。
エ 摩耗故障期間で実施すべきことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問74 目次 問76
ファーストマクロ TOPページ