平成28年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問3
逆ポーランド表記法で表された式を評価する場合、途中の結果を格納
するためのスタックを用意し、式の項や演算子を左から右に順に入力し
処理する。スタックが図の状態のとき、入力が演算子となった。
このときに行われる演算はどれか。ここで、演算は中置表記法で
記述するものとする。

    ──┐ ┌─→
     │↓ ││
     ├───┤
     │ D │
     ├───┤
     │ C │
     ├───┤
     │ B │
     ├───┤
     │ A │
     └───┘

 ア A 演算子 B   イ B 演算子 A
 ウ C 演算子 D   エ D 演算子 C




【正解】 ウ

中置表記法で X+Y は、
逆ポーランド表記法(後置記表)では XY+と表記する。

逆ポーランド表記法で XY+で表された式を評価する場合、
スタックの状態は
(1) まず、Xが格納され
(2) 次にYがXの上に格納される。
(3) そして、演算子+が処理され、
(4) Yを取り出し
(5) Xを取り出す。

従ってスタックが上から順に DCBAの場合は
C 演算子 Dが処理される。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問2 目次 問4
ファーストマクロ TOPページ