平成28年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問30
日本において、産業財産権と総称される四つの権利はどれか。

 ア 意匠権、実用新案権、商標権、特許権
 イ 意匠権、実用新案権、著作権、特許権
 ウ 意匠権、商標権、著作権、特許権
 エ 実用新案権、商標権、著作権、特許権



【正解】 ア

産業財産権は以下の4つである。

意匠権物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、
 視覚を通じて美感を起こさせるもの
に対する権利
 存続期間は20年。
実用新案権自然法則を利用した技術的思想の創作に対する権利
 存続期間は10年。
商標権人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、
 図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で
 定めるもの
に対する権利
 存続期間は10年。
特許権自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの
 対する権利
 存続期間は20年。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問29 目次
ファーストマクロ TOPページ