平成28年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問9
B+木インデックスが定義されている候補キーを利用して、1件のデータを
検索するとき、データ総件数 X に対するB+木インデックスを格納する
ノードへのアクセス回数のオーダを表す式はどれか。

 ア √X    イ logX    ウ X    エ X !



【正解】 イ

B木は、枝分かれした図でデータ構造を表現したモデルのひとつで、
根からすべての葉に至るまでの経路の長さが等しいという特徴がある。

B+は、B木を拡張したモデルであり、キーに対応するデータが葉に
置かれ、キーとデータがリンクされたデータ構造である。全レコードが
葉ノードに置かれる。

アクセス回数のオーダは、logX である。
例えば、2分木でデータ総数が1024の場合、
オーダーは log21024 = 10 となる。



EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問8 目次 問10
ファーストマクロ TOPページ