平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問80
コンピュータウイルスを用いて、企業で使用されているコンピュータの
記憶内容を消去する行為を処罰の対象とする法律はどれか。


 ア 刑法
 イ 製造物責任法
 ウ 不正アクセス禁止法
 エ プロバイダ責任制限法



【正解】 ア

ア 正しい。
刑法 第234条の2  (電子計算機損壊等業務妨害) により罰せられる。
人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、
若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、
又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、
又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、五年以下の
懲役又は百万円以下の罰金に処する。


イ 製造物責任法 (PL法)は、
製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における
 製造業者等の損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図り、
 もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的

とした法律である。

ウ 不正アクセス禁止法は、
不正アクセス行為を禁止するとともに、これについての罰則及びその再発防止の
ための都道府県公安委員会による援助措置等を定めることにより、電気通信
回線を通じて行われる電子計算機に係る犯罪の防止及びアクセス制御機能により
実現される電気通信に関する秩序の維持を図り、もって高度情報通信社会の
健全な発展に寄与することを目的

とした法律である。

エ プロバイダ責任制限法は、
特定電気通信による情報の流通によって権利の侵害があった場合について、
特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示を
請求する権利につき定める
」法律である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問79 目次
ファーストマクロ TOPページ