平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問62
2種類のIT機器 a、b の購入を検討している。それぞれの耐用年数を考慮して
投資の回収期間を設定し、この投資で得られる利益の全額を投資額の回収に
充てることにした。 a、b それぞれにおいて、設定した回収期間でに関する記述
のうち、適切なものはどれか。
ここで、年間利益は毎年均等に上げられ、利率は考慮しないものとする。


         ┌────┬────┐
         │  a  │  b  │
 ┌───────┼────┼────┤
 │投資額(万円)│ 90 │ 300│
 ├───────┼────┼────┤
 │回収期間(年)│  3 │   5│
 └───────┴────┴────┘

 ア a と b は同額の年間利益を上げる必要がある。
 イ a は b の2倍の年間利益を上げる必要がある。
 ウ b は a の1.5倍の年間利益を上げる必要がある。
 エ b は a の2倍の年間利益を上げる必要がある。



【正解】 エ

a の投資額を回収するには1年あたり 90÷3=30万円の利益が必要。
b の投資額を回収するには1年あたり 300÷5=60万円の利益が必要。
従って、
bはaの2倍の年間利益を上げる必要があることが判る。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問61 目次 問63
ファーストマクロ TOPページ