平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問60
事業継続計画 (BCP) について監査を実施した結果、適切な状況と判断される
ものはどれか。

 ア 従業員の緊急連絡先リストを作成し、最新版に更新している。
 イ 重要書類は複製せずに1か所で集中保管している。
 ウ 全ての業務について、優先順位なしに同一水準のBCPを策定している。
 エ 平時にはBCPを従業員に非公開としている。



【正解】 ア

事業継続計画 (BCP) は、巨大地震、津波、疫病が発生した場合でも事業や
資産を守るための計画書のことである。

ア 正しい。災害発生時に迅速で適切な行動をとるためにも必要不可欠である。
イ 重要書類は複製して、複数個所(できるだけ距離は離れた方がよい)に保管
 することが重要である。
ウ 重要業務から優先順位をつけて、BCPを策定する。
エ 平常時からBCPを公開し、非常に備えることが重要である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問59 目次 問61
ファーストマクロ TOPページ