平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問59
情報セキュリティ監査において、可用性を確認するチェック項目はどれか。

 ア 外部記憶媒体の無断持出しが禁止されていること
 イ 中断時間を定めたSLAの水準が保たれるように管理されていること
 ウ データ入力時のエラーチェックが適切に行われていること
 エ データベースが暗号化されていること



【正解】 イ

情報セキュリティは「
情報の機密性、完全性及び可用性を維持すること。
である。
機密性:認可されていない個人、エンティティ又はプロセスに対して、情報を
 使用させず、また、開示しない特性。
完全性:正確さ及び完全さの特性。
可用性:認可されたエンティティが要求したときに,アクセス及び使用が可能で
 ある特性。

ア 機密性を確認するチェック項目である。
イ 正しい。
SLA (Service Level Agreement) は、発注者とITアウトソーシング
 サービス提供者との間で、サービスの品質について合意した文書のこと
ウ 完全性を確認するチェック項目である。
エ 機密性を確認するチェック項目である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問58 目次 問60
ファーストマクロ TOPページ