平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問50
モデリングツールを使用して、本稼働中のデータベースの定義情報から
E-R図などで表現した設計書を生成する手法はどれか。

 ア コンカレントエンジニアリング
 イ ソーシャルエンジニアリング
 ウ フォワードエンジニアリング
 エ リバースエンジニアリング



【正解】 エ

ア 
コンカレントエンジニアリングは、ソフトウェアの開発プロセスにおける業務を、
 並行して行うことで開発期間の短縮や開発コストの削減を目指す開発手法
 である。
イ 
ソーシャルエンジニアリングは、盗み見や、盗み聞き、話術などでパスワードなどの
 重要情報をに取得することである。
ウ 
フォワードエンジニアリングは、リバースエンジニアリングによって得られた仕様を
 元に、新たな要件を加えたり修正したりして、新しいシステムを開発する手法である。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問49 目次 問51
ファーストマクロ TOPページ