平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問48
整数1〜1,000を有効とする入力値が、1〜100の場合は処理Aを、
101〜1,000の場合は処理Bを実行する入力処理モジュールを、
同値分割法と境界値分析によってテストする。
次の条件でテストするとき、テストデータの最小個数は幾つか。

 〔条件〕
 @有効同値クラスの1クラスにつき、一つの値をテストデータとする。ただし、
  テストする値は境界値でないものとする。
 A有効同値クラス、無効同値クラスの全ての境界値をテストデータとする。

 ア 5  イ 6  ウ 7  エ 8



【正解】 エ

同値分割は、プログラムの入力を、同じような結果を出力するものに
クラス分けしテストケースを定めることである。

条件@より 境界値ではなく処理A、処理Bを実行する数値が
2つ必要。
(例えば、50と500など。)
条件Aより処理Aの境界値として
100が必要。
また、処理Bの境界値として
1011000が必要。
さらに、無効同値クラスとして、
1001が必要。
従って、テストデータは最低でも
8個必要になる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問47 目次 問49
ファーストマクロ TOPページ