平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問34
図はNTPによる時刻合わせの基本的な仕組みを表している。NTPサーバ
からの応答には、NTPサーバでの問合せ受信時刻と、応答送信時刻が
含まれており、PCは図に示した四つの時刻からサーバ時刻とのずれを計算する。
このとき、PCの内部時計はNTPサーバの時計と比べてどれだけずれているか。
ここで、伝送遅延は問合せと応答で等しいものとする。また、図中の時刻は、
PCとNTPサーバのそれぞれの内部時計の時刻であり、aa:bb:cc.dddddd
aa時bb分cc.dddddd秒 (ddddddはマイクロ秒) を表す。
 

 ア 100マイクロ秒進んでいる。
 イ 200マイクロ秒進んでいる。
 ウ 500マイクロ秒進んでいる。
 エ 700マイクロ秒進んでいる。



【正解】 イ

まず、伝送遅延時間を求める。
PCの問合せ送信時刻から応答受信時刻までが800マイクロ秒であり、
NTPサーバの問合せ受信時刻から応答送信時刻までが200マイクロ秒で
あるため、800−200=600マイクロ秒が往復の伝送時間である。
伝送遅延は問合せと応答で等しいため、
伝送遅延時間は
300マイクロ秒と判る。

次にNTPの応答送信時刻が aa:bb:cc.000400 であるので、
伝送遅延時間を考慮すると、PCの応答受信時刻が aa:bb:cc.000700 と
なるはずであるが、実際のPCの応答受信時刻は aa:bb:cc.000900であるため、
900−700=200マイクロ秒進んでいることになる。

NTPサーバの時刻は、aa:bb:cc.000700なのに、
PC時刻はaa:bb:cc.000900であるということである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問33 目次 問35
ファーストマクロ TOPページ