平成28年度 秋期
基本情報技術者試験問題と解答
問16
ある時間帯でのジョブの処理状況を計測したところ、次の
とおりであった。どのような状況になっているか。

 〔ジョブの処理状況〕
 (1) 多重度3でジョブを実行する。
 (2) ジョブは5分間隔で発生し、実行時間は多重度に
   依存せず20分である。
 (3) 各ジョブは実行終了後にスプーリング機能を利用して
   印刷し、印刷時間は15分である。
 (4) プリンタは2台使用する。

 ア 印刷待ちだけが増加している。
 イ 実行待ちだけが増加している。
 ウ 実行待ちと印刷待ちが増加している。
 エ 実行待ちも印刷待ちも発生していない。




【正解】 ウ

実行時間が20分のジョブを多重度3で実行すると、
1つのジョブの処理時間は20分÷3=
6.67分である。
ジョブが
5分間隔で発生するので、実行待ちジョブが増えていく。

プリンタについては、
印刷時間が15分の処理を2台で実行するため、
処理時間は15分÷2台=
7.5分である。
6.67分間隔で、印刷要求があるため、
印刷待ちの処理が増えていく。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問15 目次 問17
ファーストマクロ TOPページ