平成27年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問50
エクストリームプログラミング (XP) のプラクティスとして、
適切なものはどれか。

 ア 1週間の労働時間は、チームで相談して自由に
   決める。
 イ ソースコードの再利用は、作成者だけが行う。
 ウ 単体テストを終えたプログラムは、すぐに
   結合して、結合テストを行う。
 エ プログラミングは1人で行う。



【正解】 ウ

エクストリームプログラミングは、ユーザー要求や仕様変更のリスク
軽減のために、ユーザーや開発者間のコミュニケーションを重視し、
コーディングとテストに重点を置き、常にフィードバックを行って
再設計やプログラム修正をしていくソフトウェア開発手法である。
12のプラクティスが定義されている。

ア 週に40時間として定められている。
イ ソースコードの所有者は決めずに、開発チームで共有する。
ウ 正しい。
エ プログラミングは2人で行う。これを
ペアプログラミングという。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問49 目次 問51
ファーストマクロ TOPページ