平成27年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問25
拡張現実 (AR:Augmented Reality) の例として、最も適切な
ものはどれか。

 ア SF映画で都市空間を乗り物が走り回るアニメーションを、
   3次元空間上に設定した経路に沿って視点を動かして得られる
   視覚情報を基に作成する。
 イ アバタの操作によって、インターネット上で現実世界を模した
   空間を動きまわったり、会話したりする。
 ウ 実際には存在しない衣料品を仮想的に試着したり、
   過去の建築物を3次元CGで実際の画像上に再現したりする。
 エ 臨場感を高めるために大画面を用いて、振動装置が
   備わった乗り物に見立てた機器に人間が搭乗し、
   インタラクティブ性が高いアトラクションを体感できる。



【正解】 ウ

ウ 正しい。
AR (Augmented Reality = 拡張現実) は、現実世界の
 中に、コンピュータが作り出す情報を付加して現実を拡張させる技術の
 ことである。
 ちなみに、
VR (Virtual Reality = 仮想現実) は、現実感を伴った
 仮想的な世界をコンピュータ上で作り出す技術のことである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問24 目次 問26
ファーストマクロ TOPページ