平成27年度 春期
応用情報技術者試験問題と解答
問11
RAID1〜5の各構成は、何に基づいて区別されるか。

 ア 構成する磁気ディスク装置のアクセス性能
 イ コンピュータ本体とのインタフェースの違い
 ウ データ及び冗長ビットの記録方法と記録位置の組合せ
 エ 保証する信頼性のMTBF値



【正解】 ウ

RAID (Redundant Arrays of Independent Disks) は、
複数のハードディスクにデータを分散させ、データの読み書き時間を
短縮させたり、障害時のデータ復旧を可能にしたりする技術のこと。

RAID0〜6までの7つのレベルがある。
RAID0 (ストライピング)
 データを複数台のディスクに分散して書き込み、
 アクセスを高速度化する。
RAID1 (ミラーリング)
 2台のディスクに同じ内容を書き込み、高信頼性を実現する。
RAID2
 ビット単位でのエラー訂正用のハミング符号を書き込む
 専用ディスクを用意し、高信頼性を実現する。
RAID3
 ビット単位でのエラー訂正用のパリティコードを
 専用ディスク (パリティディスク) に書き込む方式である。
RAID4
 ブロック単位でのエラー訂正用のパリティコードを
 専用ディスク (パリティディスク) を書き込む方式えある。
RAID5
 RAID4のパリティディスクを分散させ、パリティディスクへの
 アクセス集中を防止することで高速度と高信頼性を実現する。
RAID6
 RAID5のパリティディスク部分を2重化し、高信頼性を実現する。
 同時に任意の2つのディスクに障害が発生しても、データを復元できる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問10 目次 問12
ファーストマクロ TOPページ