平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問80
企業のWebサイトに接続してWebページを改ざんし、
システムの使用目的に反する動作をさせて業務を
妨害する行為を処罰の対象とする法律はどれか。

 ア 刑法
 イ 特定商取引法
 ウ 不正競争防止法
 エ プロバイダ責任制限法



【正解】 ア

ア 正しい。
 刑法 第234条の2  (電子計算機損壊等業務妨害) により罰せられる。
 人の業務に使用する電子計算機若しくはその用に供する電磁的記録を損壊し、
 若しくは人の業務に使用する電子計算機に虚偽の情報若しくは不正な指令を与え、
 又はその他の方法により、電子計算機に使用目的に沿うべき動作をさせず、
 又は使用目的に反する動作をさせて、人の業務を妨害した者は、五年以下の
 懲役又は百万円以下の罰金に処する。

イ 特定商取引法の第一条に以下の記載がある。
 「
この法律は、特定商取引(訪問販売、通信販売及び電話勧誘販売に係る取引、
 連鎖販売取引、特定継続的役務提供に係る取引、業務提供誘引販売取引並びに
 訪問購入に係る取引をいう。以下同じ。)を公正にし、及び購入者等が受けることの
 ある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護し、あわせて商品等の
 流通及び役務の提供を適正かつ円滑にし、もつて国民経済の健全な発展に寄与
 することを目的とする。

ウ 不正競争防止法の第一条に以下の記載がある。
 「
事業者間の公正な競争及びこれに関する国際約束の的確な実施を
 確保するため、不正競争の防止及び不正競争に係る損害賠償に関する
 措置等を講じ、もって国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

エ プロバイダ責任制限法の第一条に以下の記載がある。
 「
特定電気通信による情報の流通によって権利の侵害があった場合に
 ついて、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び
 発信者情報の開示を請求する権利につき定めるものとする。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問79 目次
ファーストマクロ TOPページ