平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問79
サイバーセキュリティ基本法において、サイバーセキュリティの対象
として規定されている情報の説明はどれか。

 ア 外交、国家安全に関する機密情報に限られる。
 イ 公共機関で処理される対象の手書きの書類に限られる。
 ウ 個人の属性を含むプライバシー情報に限られる。
 エ 電磁的方式によって、記録、発信、伝送、受信される情報に
   限られる。



【正解】 エ

サイバーセキュリティ基本法第二条に以下の記載がある。
この法律において「サイバーセキュリティ」とは、電子的方式、
磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない
方式(以下この条において「電磁的方式」という。)により記録され、
又は発信され、伝送され、若しくは受信される情報の漏えい、
滅失又は毀損の防止その他の当該情報の安全管理のために
必要な措置並びに情報システム及び情報通信ネットワークの
安全性及び信頼性の確保のために必要な措置(情報通信
ネットワーク又は電磁的方式で作られた記録に係る記録媒体
(以下「電磁的記録媒体」という。)を通じた電子計算機に対する
不正な活動による被害の防止のために必要な措置を含む。)が
講じられ、その状態が適切に維持管理されていることをいう。



EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問78 目次 問80
ファーストマクロ TOPページ