平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問77
表のような製品A、Bを製造、販売する場合、考えられる営業利益は
最大で何円になるか。ここで、機械の年間使用時間は延べ15,000時間
とし、年間の固定費は製品A、Bに関係なく15,000,000円とする。

 ┌──┬────┬───────┬──────┐
 │製品│販売単価│販売変動費/個│製造時間/個│
 ├──┼────┼───────┼──────┤
 │ A │30,000円│   18,000円│   8時間│
 ├──┼────┼───────┼──────┤
 │ B │25,000円│   10,000円│  12時間│
 └──┴────┴───────┴──────┘


 ア  3,750,000
 イ  7,500,000
 ウ 16,250,000
 エ 18,750,000



【正解】 イ

製品Aは、1個で 30,000-18,000 = 12,000円の営業利益があるため、
1時間あたりでは 12,000÷8 =
1,500円の営業利益がある。

製品Bは、同様に (25,000-10,000)÷12 =
1,250円の営業利益がある。

年間の固定費は同じであり、他に条件がないため、
製品Aのみを製造・販売する方が営業利益が最大になる。

従って
最大営業利益 = 総営業利益 - 固定費
= 
1,500円 × 15,000時間 - 15,000,000円
= 22,500,000円 - 15,000,000円 =
7,500,000円
となる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問76 目次 問78
ファーストマクロ TOPページ