平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問66
環境省の環境表示ガイドラインによれば、環境表示の説明はどれか。

 ア 温室効果ガスを削減するために、企業や国が排出枠を決め、
   温室効果ガスが排出枠に届かない不足分と、排出枠に収まら
   ない超過分を、企業や国が市場で取引することを明らかに
   したもの
 イ 国や地方公共団体などの公的機関が、率先して環境物品
   (環境負荷の低減に資する製品やサービス) の調達を推進
   するなど、環境物品への需要の転換を促進するために必要な
   事項を規定したもの
 ウ 製品やサービスについて、環境に配慮した点や環境負荷の
   低減効果などの特徴、事業者の環境配慮への姿勢を、
   説明文やシンボルマーク、図表などを通して主張したもの
 エ 風力、太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーに
   よって発電されたグリーン電力が、化石燃料に比較して
   温室効果ガスの排出量が少ないなどという環境付加価値を
   取引可能な証書にしたもの



【正解】 ウ

ア 
国内排出量取引制度の説明である。
イ 
グリーン購入法の説明である。
ウ 正しい。
環境表示ガイドラインには、ガイドライン策定の目的として
 以下の記載がある。
 「
当ガイドラインは、環境表示を行う事業者及び事業者団体を主たる
 対象とし、併せて製品等に関して認証を行う第三者機関等にも参考と
 なるよう、グリーン購入を促進させる上で必要となる情報提供のあり方等に
 ついて整理し、とりまとめたもの

エ 
グリーン電力証書の説明である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問65 目次 問67
ファーストマクロ TOPページ