平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問60
営業債権管理業務に関する内部統制のうち、適切なものはどれか。

 ア 売掛金回収条件の設定は、営業部門でなく、審査部門が
   行っている。
 イ 売掛金の消込み入力と承認処理は、販売を担当した営業
   部門が行っている。
 ウ 顧客ごとの与信限度の決定は、審査部門ではなく、営業
   部門の責任者が行っている。
 エ 値引き又は割戻しの処理は、取引先の実態を熟知している
   営業部門の担当者が行っている。



【正解】 ア

ア 正しい。
イ 売掛金の消込み入力と承認処理を同一部門が行うのは
 内部統制上、問題である。
ウ 顧客ごとの与信限度の決定は、審査部門が行うべきである。
エ 値引き又は割戻し処理は不正防止の観点からも、
 営業部門の責任者や、経理部門で行うべきである。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問59 目次 問61
ファーストマクロ TOPページ