平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問46
DFDにおけるデータストアの性質として、適切なものはどれか。

 ア 最終的には、開発されたシステムの物理ファイルとなる。
 イ データストア自体が、データを作成したり変更したり
   することがある。
 ウ データストアに入ったデータが出て行くときは、データ
   フロー以外のものを通ることがある。
 エ 他のデータストアと直接にデータフローで結ばれる
   ことはなく、処理が介在する。



【正解】 エ

DFD (Data Flow Fiagram) は、企業のビジネスプロセスを、
データフロー、プロセス (処理) 、データストア (ファイル)、
データ源泉/データ吸収の四つの基本要素で抽象化して
表現するための技法である。

ア データベースやファイルなどの物理ファイルや紙で管理される
 ものも含まれる。
イ データストア自体はデータを作成したり変更したりしない。
 データの作成や変更は、プロセスが行う。
ウ データフロー以外のものを通ることはない。
エ 正しい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問45 目次 問47
ファーストマクロ TOPページ