平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問37
手順に示す処理を行ったとき、検証できることはどれか。

〔手順〕
 (1) 送信者Aはファイルのハッシュ値を計算して、信頼できる第三者
   機関に送信する。
 (2) 第三者機関は、信頼できる日時を保持しており、受信した
   ハッシュ値とその受信日時を結合し (結合データ) 、そのディジタル
   署名を生成し、ディジタル署名と結合データの組 (ディジタル
   署名済みの結合データ) を送信者Aに返信する。
 (3) 送信者Aはファイルと第三者機関から送られてきたディジタル
   署名済みの結合データを受信者Bに送信する。
 (4) 受信者Bは第三者機関のディジタル署名を確認し、
   ファイルから計算したハッシュ値と、ディジタル署名済みの
   結合データから取り出されたハッシュ値を照合する。
   そして、結合データから取り出された日時を確認する。

 ア 当該日時に受信者Bにファイルが到達したこと
 イ 当該日時に送信者Aが受信者Bにファイルを送信したこと
 ウ 当該日時にファイルが作成されたこと
 エ 当該日時にファイルが存在し、それ以降改ざんされていないこと



【正解】 エ

ア 送信を検証するには、受信者Bに確認する必要がある。
イ 問題の手順に示す処理を行わなくても、単にメールの送信
 履歴等で検証できる。
ウ ファイルの作成日時は、ファイルのプロパティなどで検証する。
エ 正しい。
 手順に示す処理は、
タイムスタンプの生成と確認を行うものである。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問36 目次 問38
ファーストマクロ TOPページ