平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問28
関係R (A、B、C、D、E、F) において、次の関数従属が
成立するとき、候補キーとなるのはどれか。

〔関数従属〕
A→B、A→F、B→C、C→D、{B、C}→E、{C、F}→A
 ア B  イ {B、C}  ウ {B、F}  エ {B、C、E}



【正解】 ウ

関数従属は、ある属性の値が決まると、他の属性の値も一意に
決まる関係のことである。

ア Bが決まるとCが決まり、Cが決まるとDが決まり、
  B、Cが決まっているからEも決まる。
  しかし、A、Fは決まらない。
イ B、Cが決まっているからEも決まる。
  しかし、A、Fは決まらない。
ウ 正しい。
 Bが決まるとCが決まり、Cが決まるとDが決まり、
 B、Cが決まっているからEも決まる。
 Fが決まると、CとFからAが決まる。
 従って、BとFが候補キーとなる
エ A、Fは決まらない。

ちなみに、Aが決まると、BやFが決まり、
Bが決まるとCが決まり、Cが決まるとDが決まり、
B、Cが決まっているからEも決まる。
従って、Aも候補キーである。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問27 目次 問29
ファーストマクロ TOPページ