平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問22
図の論理回路の動作の説明として、適切なものはどれか。
 

 ア A = 0、B = 0のとき、C及びDは前の状態を保持する。
 イ A = 0、B = 1のとき、Bの値を反映してD = 1になる。
 ウ A = 1、B = 0のとき、C = 1、D = 0になる。
 エ A = 1、B = 1のとき、C及びDは前の状態を保持する。



【正解】 エ

NAND型RSフリップフロップ回路は、CとDは必ず逆のビットになる。
否定論理積であるため、Aの値が0であれば、必ずCの値は1となる。
同様にBの値が0であれば必ずDの値は1となる。

ア (A、B) = (0、0) の時は  (C、D) = (1、1) となる。
 しかし、この状態で、(A、B) = (1、1) と変化した時、
 上の回路が一瞬先に反応したとき Cが0となり、
 すぐさま下の回路によって、Dが1になる。
 一方、下の回路が一瞬先に反応したとき Dが0となり、
 すぐさま上の回路によって、Cが1になる。
 つまり値が不定となるため、
(A、B) = (0、0) は禁止されている。
イ (A、B) = (0、1) の時、 (C、D) = (1、0) となる。
ウ (A、B) = (1、0) の時、 (C、D) = (0、1) となる。
エ 正しい。
 初期状態が(C、D) = (1、0) の場合、
 (A、B) = (1、1) の時、(C、D) = (1、0)
 初期状態が(C、D) = (0、1) の場合、
 (A、B) = (1、1) の時、(C、D) = (0、1)
 初期状態が(C、D) = (0、0) や (1、1) は考えなくてもよい。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問21 目次 問23
ファーストマクロ TOPページ