平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問19
目的プログラムの実行時間を短くするためにコンパイラが行う
最適化の方法として、適切なものはどれか。

 ア  繰返し回数の多いループは、繰返し回数がより少ないループを
   複数回繰り返すように変形する。例えば、10,000 回実行する
   ループは、100回実行するループを100回繰り返すようにする。
 イ  算術式の中で、加算でも乗算でも同じ結果が得られる演算は
   乗算で行うように変更する。例えば、“X + X” は “2 * X”で
   置き換える。
 ウ  定数が格納される変数を追跡し、途中で値が変更されない
   ことが確認できれば、その変数を定数で置き換える。
 エ  プログラム中の2か所以上で同じ処理を行っている場合は、
   それらをサブルーチン化し、元のプログラムのそれらの部分を
   サブルーチン呼出しで置き換える。



【正解】 ウ

ア 10000回ループしても、100×100回でループしても
 処理速度は変わらない。
イ コンピュータは乗算よりも加算のほうが処理速度が速い。
ウ 正しい。
エ サブルーチン化しても、実行時間は短くならない。
 むしろ、実行時間は遅くなる。
 ただし、サブルーチン化すると、実行プログラムサイズは基本的には
 小さくなる。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問18 目次 問20
ファーストマクロ TOPページ