平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問15
MTBFが x 時間、MTTRが y 時間のシステムがある。
使用条件が変わったので、MTBF、MTTRがともに従来の
1.5倍になった。新しい使用条件での稼働率はどうなるか。

 ア x 、y の値によって変化するが、従来の稼働率よりは
   大きい値になる。
 イ 従来の稼働率と同じ値である。
 ウ 従来の稼働率の1.5倍になる。
 エ 従来の稼働率の2/3倍になる。



【正解】 イ

MTBF (Mean Time Between Failure = 平均故障間隔) は、
稼働してから故障までの平均稼働時間のことであり、
MTBF = システムの稼働時間 / 故障回数 で求められる。

MTTR (Mean Time To Repair = 平均修理時間) は、故障から
次の稼働まで(復旧まで)の時間、つまり修理時間である。

稼働率は MTBF ÷ (MTBF + MTTR) で求める。

問題の場合は、
 x ÷ (x + y) と 
1.5x ÷ (1.5x + 1.5y) を比較することになり、

1.5x ÷ (1.5x + 1.5y) = 1.5x ÷ 1.5(x + y) = x ÷ (x + y)
だから、元の稼働率と新しい使用条件での稼働率は同じ値である。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問14 目次 問16
ファーストマクロ TOPページ