平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問8
CPUのパイプライン処理を有効に機能させるプログラミング
方法はどれか。ここで、CPUは命令の読込みとデータの
アクセスを分離したアーキテクチヤとする。

 ア CASE文を多くする。
 イ 関数の個数をできるだけ多くする。
 ウ 分岐命令を少なくする。
 エ メモリアクセス命令を少なくする。




【正解】 ウ

ア CASE文は分岐命令の一種であり、分岐命令を多くすると
 パイプライン処理を有効に機能させることができない。
 なお、条件分岐命令などにより次に実行すべき命令が決まら
 ないときに発生する中断現象を
分岐ハザード (命令ハザード) という。
イ パイプライン処理を有効に機能させるテクニックではない。
ウ 正しい。
エ パイプライン処理を有効に機能させるテクニックではない。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問7 目次 問9
ファーストマクロ TOPページ