平成27年度 秋期
応用情報技術者試験問題と解答
問7
JavaBeansを利用してソフトウェア開発を行うメリットと
して、適切なものはどれか。

 ア HTML文書が動的に生成できる。
 イ コンポーネントが容易に再利用できる。
 ウ 分散トランザクション処理ができる。
 エ メッセージングによって非同期に通信できる。




【正解】 イ

ア JavaBeansを利用してもHTML文書は動的生成できない。
イ 正しい。
JavaBeansは、Java言語で書かれた再利用可能な
 コンポーネント (ソフトウェア部品) のことである。
ウ J2EEのAPIであるJTA (Java Transaction API) で
 分散トランザクション処理ができる。
エ J2EEの標準APIであるJMS (Java Message Service) で
 メッセージングによる非同期に通信を実現できる。


EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問6 目次 問8
ファーストマクロ TOPページ