平成27年度 秋期
高度情報技術者試験問題と解答
問29
経営会議で来期の景気動向を議論したところ、景気は悪化する、
横ばいである、好転するという三つの意見に完全に分かれてしまった。
来期の投資計画について、積極的投資、継続的投資、
消極的投資のいずれかに決定しなければならない。表の予想利益に
ついては意見が一致した。意志決定に関する記述のうち、適切な
ものはどれか。

 ┌───────────┬──────────────┐
 │           │     景気動向     │
 │  予想利益(万円) ├────┬────┬────┤
 │           │ 悪化 │ 横ばい │ 好転 │
 ├─────┬─────┼────┼────┼────┤
 │     │積極的投資│ 50 │ 150 │ 500 │
 │     ├─────┼────┼────┼────┤
 │ 投資計画 │継続的投資│ 100 │ 200 │ 300 │
 │     ├─────┼────┼────┼────┤
 │     │消極的投資│ 400 │ 250 │ 200 │
 └─────┴─────┴────┴────┴────┘

 ア 混合戦略に基づく最適意志決定は、積極的投資と消極的
   投資である。
 イ 純粋戦略に基づく最適意志決定は、積極的投資である。
 ウ マクシマックス原理に基づく最適意志決定は、継続的投資
   である。
 エ マクシミン原理に基づく最適意志決定は、消極的投資である。



【正解】 エ

ア 
混合戦略は、相手の出方を予想して、ある比率で選択肢を選ぶ
 戦略である。
 例えばじゃんけんで、相手がチョキを出す確率が50%の人だったら、
 グーを50%出すような戦略である。 この問の場合には適用できない。
イ 
純粋戦略は、ある1つの選択肢を確定的に選ぶ戦略である。
 例えばじゃんけんで、グーばかりを出し続けるような戦略である。
 この問の場合には適用できない。
ウ 
マクシマックス原理は、最良の場合を想定し、その中でも最も利得が
 大きくなるものを選択すること。
 マクシマックス原理に基づく最適意志決定は、積極的投資となるため、
 誤りである。
エ 正しい。
 
マクシミン原理は、最悪の場合を想定し、その中でも最も利得が
 大きくなるものを選択すること。

EXCEL VBAのご相談なら ファーストマクロ 



問28 目次 問30
ファーストマクロ TOPページ